So-net無料ブログ作成

ガラケー生産終了?でもガラケーに近いスマホってどういうこと?

[IT]
ガラケーの生産が終了したというのにガラケーに近いスマートフォンをだすというニュースが出ています。ガラケーの生産を終えるといったのに、スマホに近いガラケーを作るっていったいどういうことなのでしょうか?2015年4月24日、国内の携帯端末メーカーが独自のOSを搭載する従来型携帯電話、
いわゆる「ガラケー」の生産を、2017年以降に中止すると発表がありました。
ガラケーの生産を止める要因は、スマートフォンという高機能な携帯電話が登場したからです。
スマートフォンが登場してから一気にガラケーは窮地に立ちました。
ガラケーを維持し続ければし続けるほど、日本の携帯電話メーカーは窮地においこまれます
そのため生産を中止して、米グーグルが提供するOSのAndoroidに統一した携帯端末を生産するそうです。



ガラケーといえば、パカパカ開け閉めできるというイメージですよね
ガラケーとスマホの違いは、なかで起動しているオペレーションソフトが違うことです。
パカパカ携帯の生産は続けるけど、中で動いているソフトを変えますよということです。
スマートフォンは、アンドロイドとアイオーエスとの戦いなので、日本独自のOSにはがんばり続けて欲しかったのですがやはり波には逆らえないのですな・・
ガラパゴス化しているので、ガラケーと呼ばれていたぐらい日本独自の進化をしするほど
日本の技術は高いです、これからも技術先進国と名乗るのなら独自OSは維持しておいて欲しいものですがちょっと残念です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。